ブガッティ

NSXの13倍!約3億円もの価格を誇る究極レベルのスーパースポーツカー・ブガッティ・シロンとは!?

スーパースポーツカーというとどういったメーカーを思いつきますか?

フェラーリやランボルギーニ、ポルシェにマクラーレンといろいろありますが、ブガッティほど究極に近いスーパースポーツカーを作り出しているメーカーは他にありません。

今回は究極のスーパースポーツカーの一つであるブガッティ・シロンについてポイントをチェックしていきましょう!

スポンサーリンク

 

ブガッティ・シロンとは?

ブガッティ・シロンのスペック
  • エンジン:W型16気筒DOHC+4ターボエンジン8L
  • 最高出力:1500PS
  • 最大トルク:1600Nm
  • 車両重量:1995kg
  • 最高速度:420km/h以上
  • 0-100km/h:2.5秒
  • 100-0km/h:31.3m

世界最速のスーパースポーツカーとしてブガッティは存在していると言っても過言ではありません。

2016年ジュネーブモーターショー直前にブガッティ・シロンは発表され、それまで最速だったブガッティ・ヴェイロンの後継車として登場し世界を驚かせました。

ブガッティ・シロンの魅力は何と言っても馬鹿なんじゃない?というほどのパワーを誇るエンジンにあります。

W型といって簡単に言うとV型エンジンが2つあると思って頂ければそのパワーが伝わると思います。エンジン出力も1500馬力ということを考えるとどれだけのモンスターマシンなのかイメージできるでしょうか。

どこを走る目的で開発されたのか疑問が残りますが、これくらいのスペックでないと究極とは呼べないのではないでしょうか。本当に凄いスーパースポーツカーだと思います。

 

ブガッティ・シロンの持つ強烈なスペック

ブガッティシロンのエンジンは1500馬力ものパワーを発生するW型16気筒8000ccターボエンジンを搭載しており、変速機は7速デュアルクラッチトランスミッション、エンジンはミッドシップレイアウトでAWDとなっています。

先代モデルの立ち位置であるブガッティ・ヴェイロンも8000ccエンジンを搭載していますが、300馬力ものパワーアップを果たしています。

当然ですが2ドアの二人乗りとなっており、シャーシは軽量化のためにフルカーボン構造のシャシー採用を採用しています。1995kgもの重量ですがパワーウェイトレシオは圧倒的と言えるでしょう。

CO2排出量は516g/kmという数値ですが、ヨーロッパ仕様の1.3リッターのホンダフィットが116g/kmという数値からもブガッティ・シロンがモンスターマシンであることが伺えるでしょう。

今後ハイブリッドシステムを搭載したバージョンの登場も示唆されています。スペックこそ定かではありませんが、EVモード走行などで駐車場からの発進時などにメリットが発生するでしょう。

このブガッティ・シロンの最高速度は420kmとも458kmともいわれており、リミッターが二重に用意されていることなどもスーパーカーならではと言えるエピソードです。

 

ブガッティ・シロンのエクステリアの特徴

ブガッティ・シロンのエクステリアは全長4544mm、全幅2038mm、全高1212mmと低くワイドなプロポーションでまさにスーパーカーそのものと言えるでしょう。

ブガッティヴェイロンのデザインの面影を残しつつ、円形の片側4灯のLEDヘッドライトがインパクトのある表情を作り出しています。

リアデザインは中央に二つあるマフラーや大型のエアインテークで構成されており、格納式のリアスポイラーによって表情が大きく変わります。

色はルーフと後部、前部ドア付近で色の異なるツートンカラーが用意されており、前後でまるで違う車に見えるような塗装となっています。

ブルーとブラックのツートンカラーがオフィシャルの写真などで使用されていますが、ゴールドのボディにブラックのルーフやパールホワイトのボディにワインレッドのルーフなどもあり、ブラックのみの塗装やブルーのみの塗装も含め、8色のカラーバリエーションが用意されています。

ホイールの塗装もボディカラーのイメージに合わせ、ブルーとシルバーなど各カラーリングで違った塗装が用意されていることも印象的です。メッキによる装飾も上品に施されており、高級感を持たせています。

 

ブガッティ・シロンのインテリアやその他の特徴

ブガッティ・シロンのインテリアは本革でまとめられており、タンカラーによるインパネや天井、シートが目を引きます。

運転席と助手席は大きく区切られていることも特徴で、タンカラーとアルミニウム系シルバーのスイッチパネルや、アルミニウム系シルバーで彩られ横には車名エンブレムが施されたシフトノブが華麗な印象を出しています。

フロントのFF車などではボンネットにあたる部分にはには小型ながらトランクスペースが用意されています。

中央にはシルバーのガーニッシュがシート中央部分から天井にむかって装飾されています。インテリアは一色だけとなっているようです。

メーターはブルーに光るものが採用されており、アナログメーターです。一般的なカーナビは当然のように装備不可能なようにインパネやメーター周りがデザインされていますが、スピードメーター横には簡易的なカーナビ表示が可能なようです。

 

ブガッティ・シロンの価格は?

ブガッティ・シロンは2016年にジュネーブモーターショーで発表され、価格が約3億円とも言われており、全世界での販売台数は500台限定となっています。(参考までにアメリカでのNSXの販売台数が月に25台前後です。)

ブガッティ東京という販売店での取り扱いもされているようですが、走行する姿を見かけることはまずないといえる一台でもあるでしょう。

というのも3億円持っていても4億円持っていてもブガッティ本社で購入前審査があり、ブガッティを所有するのに相応しいかどうかという最初の試練が待っているからなんです。

なので一般庶民が宝くじが当たったからと言ってブガッティを手に入れようと思っても門前払いされるのが落ちという何とも贅沢なモデルとなっております。

ちなみにブガッティを所有している芸能人の1人は北野武監督でブガッティ・ベイロンを所有していることでも有名です。

なのでフェラーリやランボルギーニのようにお金があれば誰でも買えるという車種ではなく所有できるのはほんの一部の方だけという超プレミアムな一台なのです。所有できる方が本当に羨ましいですね~

スポンサーリンク

 

ブガッティ・シロンのまとめ

究極のスーパースポーツカーの一つであるブガッティ・シロンですが、いかがだったでしょうか?

もし町中で見かけることがあったら本当にラッキーな一台だと思います。世界限定500台でしかも購入するのに審査がある車なんて滅多にお目にかかれるものではありませんからね。

でもこれぞスーパースポーツカーじゃないですか!中々手に入れることが出来ないものだからこそ夢があっていいと思います。

ドキドキやワクワクが少ないスーパースポーツカー業界に旋風を巻き起こしてもらいたいですね。

ここまでお読み頂き誠にありがとうございました。また新しい情報が出てきましたらお知らせしたいと思います。

スポンサーリンク

 

最近の記事

  1. アヴェンタドールS
  2. mercedes-benz-amg-gt s
  3. dbx-concept
  4. アヴェンタドールS
  1. Ferrari_J50

    フェラーリ

    世界限定10台のフェラーリJ50の価格が何と3億円だそうです。
  2. porsche-911-gt3

    ポルシェ

    ジュネーブ国際モーターショーでポルシェの新型911GT3発表!6MTも復活!
  3. アヴェンタドールS

    ランボルギーニ

    ランボルギーニ アヴェンタドールのフロントとリアを見比べてみよう!
  4. アウディ

    上質な大人のスーパースポーツカーアウディR8の魅力に迫ってみました
  5. NSXvsGTR

    GT-R

    ホンダ新型NSXvs日産GT-R NISMO どこがどう違うのか徹底チェック!
PAGE TOP