シビックタイプR

ホンダ

2017年夏発売予定の新型シビックTypeRの最新情報!そのスペックが半端ない!!

2017年夏に発売予定のホンダ新型シビックTypeRは先代モデルと同様5ドアのハッチバックスタイルを採用したTypeRとなります。

そんなホンダ新型シビックTypeRですが、スペックを調べてみてびっくりしたので最新情報と一緒にチェックしていきましょう。
 

スポンサーリンク

 

ホンダ新型シビックTypeRのスペックが半端ない!

新型シビックTypeRのスペック
エンジン 新世代2リッターVTECターボエンジン
トランスミッション 6速マニュアル
最高出力 320PS
最大トルク 400Nm
駆動方式 FF

5ドアハッチバックのスタイルを採用している新型シビックTypeRは先代モデルと継続して2.0リッターVTEC TURBOエンジンを搭載し出力は320馬力にもなり最大トルクは400N・mを発生変速機は6速マニュアルとなります。

リヤサスペンションはプラットフォームが一新された関係でダブルウィッシュボーン式に変更し性能向上が見込まれます。

燃費などはそれほど重要なモデルではありませんが、先代と大きく変わることはないでしょう。排ガス低減のテクノロジーに関しても先代と同じでしょう。

ボディサイズは先代モデルより大きくなっていることが確定しており、ノーマルの欧州仕様のシビックハッチバックが全長4520mm、全幅1800mm、全高1435mmとなっており、全高はやや下がる可能性がありますが、全長と全幅はエアロパーツの装着によって大型化する可能性が高くなっています。

ちなみにマフラーは3本出しが確定しています。アルミホイールは18インチのもの以上を装備する模様です。ちなみに予防安全装備のHonda SENSINGは装備されない模様です。

新型シビックTypeRの最新動画

新型シビックTypeRはFF車でのニュルブルクリンクでのラップタイム最速を更新したことでも話題となりました。ホンダ公式YouTubeにて公開されておりますので早速チェックです!

公式動画どうしたか?コーナーでの走行は暴れ馬のように安定しない場面もあったかと思いますが、直線での安定性も抜群でしたね。ノーマル状態でこの性能だと他社との差別化に一歩前進したのではないでしょうか?驚愕のスペックのマシンを2017年夏頃に販売するというのは今から待ち遠しい限りです。楽しみですね~!

 

新型シビックTypeRのエクステリアは?

セダンタイプだった頃のシビックTypeRと異なり、全世界共通デザインとなります。

エクステリアの面ではリヤドアのドアハンドルが窓枠の位置にあった先代モデル変更され、わかりやすいデザインに変更されています。

また、ヘッドライトはシャトルや後期型アコードハイブリッドなどの最新のホンダ車に共通するインライン式のLEDヘッドライトを採用しています。シーケンシャル点灯式のウィンカーは採用されない模様です。

エアロパーツの装着による迫力を増した外観が特長的でもあり、大型のフロントバンパーやリヤウィングは新型シビックTypeRの専用となっています。

サイドガーニッシュはブラックになっており、ボディカラーによっては下部に赤いラインが入るようです。

カラーリングはチャンピオンシップホワイトの登場は確定的で、現在ホームページなどで使用されている写真にはガンメタリックも採用されており、こちらも登場は確定的でしょう。

ヨーロッパのモーターショーでは赤いシビックTypeRが展示されていましたが、こちらは導入の可能性があるという程度かもしれません。

新型シビックタイプRのデザインはかなりエッジが効いていてスポーツカー好きにはたまらないデザインではないでしょうか?黒のシビックも白のシビックもどちらも捨てがたいですね~かっこいいです!

 

新型シビックTypeRのインテリアは?

ホンダ新型シビックTypeRのインテリアは専用のTypeR仕様のフロントシートが用意されており、色は赤と黒のツートンのものが用意されることが確定しています。TypeRロゴが中央に入っていることも印象的で先代と似たデザインですが完全に別物となっています。

リアシートは先代のシビックTypeR同様に6:4分割のダイブダウン機構が付き、荷室を大幅に広げることが可能となっています。

メーターにはマルチプレックスモニターも装備されるでしょう。また、メーター周りには赤のラインが入り、ステアリングホイール下部も赤く彩られるようで、かなりスポーティなインテリアとなるようです。カーナビも装着可能となっています。シフトノブは歴代のシリーズ同様チタン製のものが用意されシビック好きにはたまらないアイテムです。

 

【最新情報】新型シビックTypeRをいち早く見てみたい方は?

ホンダ公式ホームページにてシビックプロトタイプに会えるイベントを現在行っております。気になる方は行ってみてはいかがでしょうか?

http://www.honda.co.jp/CIVIC/new/

ちなみに2017年05月には新型シビックTypeRも展示予定するイベントが有るようです。お近くの方は行ってみてはいかがでしょうか?

Enjoy Honda 2017 岡山国際サーキット

開催日時:2017年5月27日(土)・28日(日)9:00~17:00(予定)

会場:岡山国際サーキット 〒701-2612 岡山県美作市滝宮1210

http://www.honda.co.jp/enjoyhonda/2017/okayama/


 

スポンサーリンク

 

新型シビックTypeRのまとめ

先代の発売から約二年で新型シビックTypeRの発売となるわけですがFF最速を掲げているシビックは今後FF車のベンチマークとなることは必至で他社も気になる存在となるのではないでしょうか?

TypeRはNSXや他のモデルでも登場予定となっておりますので、今後のホンダに注目していきたいと思います。

ここまでお読み頂き誠にありがとうございました。また新しい情報が出てきましたらお知らせしていきたいと思います。
 

スポンサーリンク

 

最近の記事

  1. アヴェンタドールS
  2. mercedes-benz-amg-gt s
  3. dbx-concept
  4. アヴェンタドールS
  1. アヴェンタドールLP740-4

    ランボルギーニ

    新型ランボルギーニ・アヴェンタドールSがいよいよ2017年春から発売開始!気にな…
  2. NSXvsGT-R

    GT-R

    ホンダNSXvs日産GT-R NISMOのガチンコタイマンバトルの動画を見つけた…
  3. ポルシェ911ターボS

    ポルシェ

    日産GT-Rの最強ライバル!ポルシェ911ターボSの魅力を紹介します!
  4. フェラーリ

    フェラーリF12の後継車 812スーパーファストが新型V12エンジンを搭載し発表…
  5. マクラーレン P1

    マクラーレン

    これぞスーパースポーツカー!McLaren P1のスペックと魅力を徹底解剖してみ…
PAGE TOP