mercedes-benz-amg-gt s

メルセデス-AMG

メルセデス-AMG GTSのスペックの高さと操縦性をサポートするインテリア・エクステリアをチェック!

メルセデス-AMGは「究極のハイパフォーマンスを追求するモデル」を作るブランドとして2014年にメルセデス・ベンツのサブブランドとして立ち上がりました。

そしてサブブランド第一弾としてメルセデス・AMG GTSが誕生したわけですが、そのスペックはスーパースポーツカートして相応しいの性能を持っているのでしょうか?

早速、メルセデス・AMG GTSのスペック、インテリア、エクステリアをチェックしていきましょう!

スポンサーリンク

 

メルセデス・AMG GT Sってどんなモデル?

メルセデス-AMG GT Sはかつてのメルセデス・ベンツ・SLS AMGの正統的な継続車ですが、このSLS AMGはAMGが独自開発した車であるため、その独自性を進化させたものとも言い換えられます。

皆さんご存知の通り、クライスラー(ダイムラー時代)やその後メルセデスベンツの一部門になったりと、比較的短い間に激しい変遷がありました。

ベンツと言えば日本国内では高級外車という位置付けですが、それはどちらかと言うとマイバッハの代名詞になっています。

メルセデス-AMGが独立したサブブランドとなったことと同時に、メルセデス・マイバッハはインテリア筆頭にその高級感を極めていっています。

そもそもがその対極として、独立したAMGブランドを推し進めた訳ですから製造される車種は本当に性能に目を見張るものがあります。

確かにサブブランドとして独立後、SLS AMGのスペックを見ても性能に拘るんだという意気込みを感じざるを得ません。

 

メルセデス-AMG GT Sのスペック

メルセデス・AMG GT S基本スペック
  • エンジン:V型8気筒DOHCターボ4L
  • 最高出力:510PS
  • 最大トルク:650Nm
  • 車両重量:1645kg
  • 駆動方式:RWD
  • 最大速度:310km/h
  • 0-100km/h:3.6秒
  • 車両本体価格:1,930万円(税込み)

メルセデス-AMG GTSは性能、つまりパフォーマンスを追求した車であることはメルセデス-AMGのコンセプトを考えれば当然のことだと分かります。

GTSの馬力は510PSですから、発表された当時のインパクトは小さくなかったです。何しろサブブランド独立後のSLS発表時に負けていません。

馬力の高さもそうですが、各々のスペックも総じて良いのでコストとの関係で言えばかなりGTSは優秀な車種であることが分かります。

その力強さは、トップスピードに至るまでの速やかさでよく分かることでしょう。

性能に拘ることもそうですが、いかにして効率良く素晴らしいパーツを開発しリリースするのかも大切です。

メルセデス-AMG GTも全くもってハイパフォーマンス、ハイセンスと言えますが前作SLS AMGよりも「平均的」に近付いています。

しかしながらそれは多くのドライバーにとっての「快適さ」に繋がっていますね。

乗りやすさとも言えますが、やはりスポーツカー的なブランドではスピードのメリハリも強く、難しさがあります。

メルセデスの言う高パフォーマンスというコンセプトの言葉には性能の追求と同時に、操縦性も大切なポイントになっています。

そういう意味でAMG GTそしてAMG GTSは、親しみやすさが前面に出ているのです。

 

メルセデス-AMG GTSのエクステリア

メルセデスベンツと言えば、やはり有名なエンブレムが外観のアクセント、むしろ特に大切なデザイン性となっています。

メルセデス-AMG GTSの快適な操作性の一端を担うホイールにも、このエンブレムはしっかりと見えますね。

サイドミラーまたはエンブレム部分のレーダーなどセーフティを高めることは、安全性と高級性でその名を轟かせるメルセデスベンツにとって重要なことです。

さてこのスタイリッシュなホイールはダイナミックに走行しながらも、AMG GTと同様の快適性を感じる…そんな使用感になっています。

運転時にはカーブに入る時に軽やかに、とても自然に曲がっていきますがSLS AMGとの違いはホイール部分の違いが大きいのです。

 

メルセデス-AMG GTSのインテリアは?

内装では、ゆったりと座れる運転席もそうですが快適性のための作りはむしろ高いデザイン性を感じます。

スペックの高さと高級感は比例しませんし、むしろその逆となるはずですが、AMG GTSは中々に「カッコいい」車種なのです。

ハイパフォーマンスでスポーティーな車としては、やはり躍動感のあるクールなエクステリアがピッタリで、そのニーズをメルセデス-AMG GTSは必ず満たしてくれます。

ただちょっと残念なのがエアコンの吹き出し下にあるドリンクホルダーですね。そこは開閉式の蓋がしてあるんですが、ドリンクをすぐ置く事ができず一回蓋を開けないとドリンクを入れることが出来ないのです。

両手が塞がっていたらちょっと面倒な操作なので、いっその事蓋なしにすればいいなと思いました。

ただその他のインテリアのポテンシャルの高さは流石メルセデスだなと思ったので、これからの後続ブランドにも引き継がれ、さらに進化していくことを期待したいところです。

 

メルセデス・AMG GT Sの気になる動画をチェック!

さて他の競合メーカーがしのぎを削るスーパースポーツカー業界ですが、メルセデス・AMGとしての「個性」が見えているモデルなのでしょうか?

気になる動画を見て早速検証してみましょう!

いかがだったでしょうか?マフラーから聞こえる野太いエンジン音が何ともゾクゾクしますよね~ここは好き嫌いがあると思いますが、スーパースポーツカー好きとしては好印象だと思いました。

スポンサーリンク

 

メルセデス・AMG GT Sのまとめ

メルセデス・AMGとして第一弾モデルとなったGT Sですが、いかがだったでしょうか?メルセデスのイメージがちょっと変わったかもしれない一台でしたね。

競合外車であるポルシェやBMWとの敵対間むき出しのスペックやデザインは本気のメルセデスをちょっと見れたかもしれません。しかしブランドとしてはまだまだこれからなので次期新型車にも注目していきたいと思います。

メルセデス・AMG GT Sには「カーボンパフォーマンス」や「130thアニバーサリーエディション」という特別車も用意されておりますので気になる方は是非メルセデスへ遊びに行かれてはいかがでしょうか?

ここまでお読み頂き誠にありがとうございました。また新しい情報が出てきましたらお知らせしたいと思います。

スポンサーリンク

 

最近の記事

  1. アヴェンタドールS
  2. mercedes-benz-amg-gt s
  3. dbx-concept
  4. アヴェンタドールS
  1. ポルシェ911ターボS

    ポルシェ

    日産GT-Rの最強ライバル!ポルシェ911ターボSの魅力を紹介します!
  2. Ferrari_J50

    フェラーリ

    世界限定10台のフェラーリJ50の価格が何と3億円だそうです。
  3. dbx-concept

    アストンマーチン

    上質なエクステリアとインテリアのアストンマーチン初SUV「DBX」日本での発売時…
  4. ハイブリッドカー

    フェラーリ

    世界最高のハイブリッドカーはどれだ?フェラーリvsマクラーレンvsポルシェで比較…
  5. マクラーレン P1

    マクラーレン

    これぞスーパースポーツカー!McLaren P1のスペックと魅力を徹底解剖してみ…
PAGE TOP