スバル

スバル新型WRX STI TypeSのスペックはどんなもの?25年間熟成された性能を堪能する!

スバルWRX STI TypeSは、WRX STIの最上級モデルでありWRXが登場してから2017年度で25周年となる傑作マシンです。しかしインプレッサとWRXって何が違うの?などのコメントが飛び交うほどにまだまだWRXの認知度は低いように感じます。そこでWRX STI TypeSがいかにすごいマシンなのかポイントをチェックしていきますので一緒に確認してみましょう!

スポンサーリンク

 

WRX STI TypeSのエンジンパワーは驚愕

WRX STI

出典:スバル

WRX STI TypeS基本スペック
  • エンジン:水平対向4気筒 2.0ℓ DOHC 16バルブ デュアルAVCS ツインスクロールターボ
  • 最高出力:308PS
  • 最大トルク:422Nm
  • トランスミッション:6MT
  • 燃費:9.4km/ℓ
  • 車両重量:1490kg
  • 車両本体価格:4,060,800円(税込み)
  • 発売日:2017年6月頃

このWRX STI TypeSはさすがラリーで鍛えたエンジンというだけあって、これまでのエンジンよりも更に高出力なものを採用しています。

馬力は300を超えていて、しかもトルクが422Nmも初期で用意されています。これは同社のBRZと比べてもかなりハイパワーでBRZの馬力は207PS、最大トルクは212Nmですからどのくらいバケモノなのかわかっていただけるかと思います。

最高速度も気なるところですが、公式では記載されておらずマニアのページを調べてみると約260kmくらいは出せるとのこと。もともとスピードを求める車というよりは山道などの荒れ道を走破するための車という位置づけですから何となく意味は分かりますがメーターでは280kmと記載されているのでサーキット用のマシンとしては充分すぎる性能と言えるのではないでしょうか?

 

WRX STI TypeSのエクステリアは?

出典:スバル

当然エクステリアやインテリアの改良も行われて、見た目も綺麗になっています。

より洗礼されたデザインに変更することによって、見た目だけでなく空力面の変化なども入れることになりました。

これまで新型のスバルWRX STI TypeSは、見た目にはかっこいいものの運転はマニア向けという感じで初心者には運転しずらいという一面もあったのですが、そうしたバランス面の改良なども行なったことで、より運転しやすくなりました。

出典:スバル

より強力なパワーを持っているだけでなく、それに対して理想的なバランスと車体を作り出すことができているので、比較的運転していて楽に感じられる部分はあります。

より良いマシンに変わったことで、車好きにはたまらない一台となったと思います。

WRX STI TypeS

出典:スバル

エクステリア部分の改良が行われて、より見た目は綺麗になりました。その代表的なものがリアスポイラーにあるのですが、この部分は従来よりも大型に設計されていることで、より空力面でも風をしっかりと受けて、ダウンフォースを得ることが可能です。車の安定性が向上することでスバルWRX STI TypeSは運転しやすくなっています。

大型スポイラーはオプションになるのですが、WRX STI TypeSに乗るならぜひ搭載したいオプションですね。

 

WRX STI TypeSのインテリアは?

WRX STI TypeS

出典:スバル

インテリアにも拘りを持っていて、運転している人が中から楽しめるようにしているのがいいところで、スペック以上にいいものを発揮してくれます。

インテリアは、黒をベースとしているシートに、赤のラインなどを入れることによって綺麗なものにしています。とても男性向けのデザインになっているので、男性の方でレースをしているような方、モータースポーツを見て好きな車があるなら、ビビッ!と感じるものがあると思いますよ。まさにドライブのためのデザインといった感じでシンプルで使いやすくわかりやすいデザインだと思います。

WRX STI TypeS

出典:スバル

スポーツシートもオプションで本皮を選択できるなどインテリアや操作性をこだわりたい方には嬉しいオプションだと思います。

WRX STI TypeS

出典:バル

メーター周りも凄くシンプルで純粋にドライビングを楽しむ車という感じがビンビン伝わってきます。

ただWRX STI TypeSのオプションはかなり豊富に用意されているので見積もりをもらう際などスタッフと一緒に何時間も話し合う必要があるかもしれませんね。購入したい方はお早めに行動しましょうw

 

WRX STI TypeSは楽しいクルマ

WRX STI TypeS

出典:スバル

スバルWRX STI TypeSはたくさんオプションがあるおかげなのかもしれませんが、とにかくイジりたくなる車ですね。

STIの意味はSUBARU TECNICA INTERNATIONALの頭文字を取っており、STIの文字が入るWRX STI TypeSはスバルの技術の結晶と言っても過言ではないほどのスポーツカーになっていると思います。

WRX STI TypeS

出典:スバル

アルミホイール一つ取っても、とてもかっこよさ際立つとともに性能を追求できるデザインになっている点もポイントが高いですね。アルミホイールは今や定番ですが、WRX STI TypeSに新たに導入されている19インチアルミホイールは見ただけでその良さが分かるほどの性能だと思います。標準で付けているなんて贅沢なモデルだと思いますね。

WRX STI

出典:スバル

ダンパーもビルシュタイン製のものを採用するなどのこだわりようは常にWRX STI TypeSには最高のものを利用しようというメーカーの気合みたいなものが感じられますね。

運転スペックも凄くいいのですが、それ以上に優れているポイントは見た目以上に運転していて楽しい車だということです。

フルオプションにするとおそらく500万円以上にはなるだろうWRX STI TypeSですが、試乗してみて毎日のドライブが楽しくなる!と率直に感じられると私は思います。

スペックは相当なものになっていて、それでも運転している人がかっこいいと感じられるように、新しいものを取り入れて行くスタイルはさすがスバルですね。

 

WRX STI TypeSの動画を見たら惚れるよw

走っても楽しいWRX STI TypeSですが、実際に動画を見たら読者様ももっとWRX STI TypeSが好きになると思います。厳選した3つの動画を紹介していきますね。

どうでしたか?メーカー公式動画以外はまだ実際の走行動画がないので、これからまだまだ出てくると思います。新しいかっこいい動画がありましたら更新していきますね。

スポンサーリンク

 

WRX STI TypeSのまとめ

スバルWRX STI TypeSには、走行モードを選択できる機能やレーダーによる後方支援などの安全装備がいろいろ搭載されておりますので見積もりが欲しくてたまらない方々も多いと思います。

日常生活でも使うことを考えるなら、この機能をオプションスペックに入れておけば安心できる面もたくさんあります。自分が望んでいるような車に変え自分だけのWRX STI TypeSを作っていきたいですね。

ここまでお読み頂き誠にありがとうございました。また新しい情報が出てきましたらお知らせしたいと思います。

スポンサーリンク

 

最近の記事

  1. アヴェンタドールS
  2. mercedes-benz-amg-gt s
  3. dbx-concept
  4. アヴェンタドールS
  1. フェラーリ

    日本初公開された新型フェラーリ・GTC4 Lusso Tってどんな車?日常的に使…
  2. アウディ

    約7年ぶりの新型アウディR8スパイダーが登場!スペックをチェックしてみました!
  3. NSXvsGTR

    GT-R

    ホンダ新型NSXvs日産GT-R NISMO どこがどう違うのか徹底チェック!
  4. アストンマーチンDB11

    アストンマーチン

    アストンマーチンDB史上最速最強スペックのDB11!その魅力と性能に迫る!
  5. ポルシェ911ターボS

    ポルシェ

    日産GT-Rの最強ライバル!ポルシェ911ターボSの魅力を紹介します!
PAGE TOP